P-BASE



愛知県豊田市にオープンしたリハビリ施設『P-BASE』さん。
パンフレットのイラストを担当させて頂きました。

豊田市はあの豊田市ですが、高齢化や町工場の廃屋など、
工業地域はその地域ならではの問題があるそうです。
山間地域のことは、個人的に少し興味があったのですが
都市部でもこういうことが起きている、というのは
盲点だった、と思います。視野が狭いだけなのですが・・・

その豊田市で廃屋となった工場を解体するのではなく
リノベーションし、リハビリ施設という新しい場として再出発させる。
そんな試みをされている方がいらっしゃいます。
お若いのに、偉いなぁ!と感心させて頂いたのですが

このお仕事のご依頼をくださったのが
現在東京で活動されながら、豊田市が地元だというデザイナーの三浦佑介さん
これまた偉いなぁと感心させて頂いたのは
学生時代を共に過ごした友人と再び地元に集まって
このプロジェクトに取り組んでいらっしゃること。
わたしは豊田市には全く縁がないのですが
うれしいお声がけでした。

きっと楽しんでらっしゃるんでしょうね。
地域のためだとか、仕事だとかいう以前に。お仕事なんですけど。
素敵なことだと、思います。

写真はパンフレットと先月行われたオープンイベントのフライヤーです

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+