ファンシーパン

d_14_0916
初の海外山遠征!ベトナムのファンシーパン山へ行ってきました

えらくかわいらしい名前の山ですが、3,143mあります。
ベトナム北部、中国との国境にほど近い、数多くの少数山岳民族が暮らすサパ。
ファンシーパン登山はこの町からスタートします。

民族衣装や山岳民族ならでは薬草が気になって気になって、
山行と同じくらい楽しみにしていたものの
なかなかの弾丸ツアーっぷりに、サパの町を見て回れたのは30分ほど。
せっかくここまで来たのに!と悔しい気持ちはグッとこらえて
無事登頂下山帰国に、良かった!とします。

d_14_0916_10
ザオ族のおばさん。笑顔で民族衣装を見せてくれました。

d_14_0916_11
同じくザオ族のおばあさん。上のおばさんとはお友達だと言っていました。たぶん

そして肝心の山行です。
ベトナムの方とガイドとポーター、総勢10人弱(!)で登ってきました。
d_14_0916_12
ガイドさんは長靴、ポーターさんはサンダルというか草履でスタスタ。
目を疑いましたが、山岳民族である彼らにしてみれば
ちょっと裏山を散歩するようなものなのかもしれません。

d_14_0916_9
民族衣装を纏った、女性ポーターもいました。たぶん黒モン族

d_14_0916_17
ポーターの荷物。何をそんなに運んでいるのかと・・

d_14_0916_8

d_14_0916_16
ひときわ気になる大量の卵・・

山行自体はそれほど険しいこともなく、登山道もきちんとしていて
道中2カ所あるキャンプ場には水もビールも売られているし、トイレもある。
日本の山と決定的に違うのは、ゴミが多いなぁということと、山ご飯でしょうか!

というわけで、今回の山行ごはんの紹介。
d_14_0916_3
1日目お昼ごはん
(大量のゆで卵。鶏肉ぶつ切り炒め、多分豚肉の炒め物。きゅうり、バナナ、蒸した餅米、白ご飯)

d_14_0916_4
1日目夜ごはん
(厚揚げとトマトの炒め物、鶏肉ぶつ切り炒め、たまねぎと牛肉の炒め物、豚肉の炒め物、空芯菜のスープ、白ご飯)

d_14_0916_5
2日目朝ごはん
(卵焼き乗せインスタントラーメン)

d_14_0916_6
2日目昼ごはん
(ネギ入り卵焼き、豚肉の炒め物、スペアリブ風炒め物、梨、キャベツのスープ、白ご飯)

これらは6人分の食事の量。
ほぼ肉の炒め物ですが、まさか山でこんな食事ができるとは。
山頂では蒸かし芋まで用意されていて、ちょっと贅沢すぎやしないかと。
下山の際、すっからかんの籠を背負うポーターを見て、あの荷物は食料だったのかと。

d_14_0916_15
夜、懐中電灯で照らしながら調理している光景を見たときは「すごい!」などと思いましたが
あらためて見ると、不安にもなりました。笑

簡単に今回の全日程を。
———————————
1日目
朝〜直行便でハノイへ。
夜〜ハノイ発の夜行列車でラオカイへ
列車泊

2日目
ラオカイ〜サパ〜登山口へ
昼〜登山スタート
2,800m地点のキャンプ場泊

3日目
ファンシーパン登頂〜下山
夜〜ラオカイ発の夜行列車でハノイへ
列車泊

4日目
朝〜昼 ハノイ滞在
夕方〜ホーチミン経由で帰国
—————————-
どこの街のホテルにも滞在しない
なかなかハードな旅でした。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+