説明書


これはおみくじではありません。ジャムにつけるための説明書です。

12/2からARTS&SCIENCEでのイベントで販売される、
料理人フルタヨウコさんがつくる8種類のジャムのためのもの。
ここでちょこっとイラストのお手伝いをさせて頂きました。

フルタさんのジャムは果肉がゴロゴロで、ジャムというより果物を食べる感覚。
そのままでもペロリと食べれてしまう、おいしいジャム。

けれど、ジャムってパンとかヨーグルトに使う以外の楽しみ方ってないの?
そのまま食べても美味しいから食べちゃうけど、
お料理に使うとか……でもそこまで凝った料理はしないし…
こんなことを考える私がズボラなのかもしれませんが、
この説明書はそんな疑問にも答えてくれるものなのです。

もちろん、どれを買おうか迷ったときの参考にして頂けると、うれしいです。

—-
ここからは少し余談ですが
この説明書づくりは、フルタさんとデザイナーの三星安澄さんと
たまたまのきっかけで始まりました。
今までお仕事をご一緒したこともなければ
昔から知っている方々でもなかったのですが、できてしまったのです。
時間のない中、自分たちで折って、スタンプを押してつくった説明書。
こんなことってあるの?あっていいのかしら?な、まさかまさかの展開。

お2人とこういう形で関われたこと
こういう時間が持てたことは
私にとっては、とてもうれしくて
新しい1歩だった。そんな気がしています。

なんとも贅沢で、楽しい時間をありがとうございました。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+