ラフティング体験

今年の夏はあるお仕事がきっかけで、水に触れる機会が多いものとなりました

『AQUA SOCIAL FES!』という、TOYOTAが行っているcsr活動があります。
その活動に携わっていらっしゃるThink The Earthさんと、いわて流域ネットワーキングさんが
川で楽しく安全に遊ぶために、という思いを込めて
ワークショップなどで使用される『アクアレンジャーになろう!』という1冊を作られました。
その中で、川の危険や、川遊びにまつわるイラストを描かせて頂いております(表紙は私ではございません)
d_16_0901a
d_16_0901b
design:hooop

山には行くものの、川に関しては知らないことが多すぎて、
岩手に行ったのも、ラッシュガードなるものの存在を知ったのも、
四万十に行ってラフティングをしてみたのも、このお仕事がきっかけでした。

「いわて流域ネットワーキング」の内田さんにお会いした際に、
四万十で見つけたという、エビ鉄砲(川エビを獲るための道具)を見せてもらったり、
四万十といえば黒尊川が良かったと教えてもらったり、
これはもう四万十川で遊ぶしかない!となり、実行。

今年は雨量が少なくて、水量の少ない状態でのラフティング体験となりましたが、
子供の頃から四万十川で遊び尽くしているという、地元の青年に指導してもらいつつ
岩から飛び込んだり(なぜか顔から着水・・)、川流れを楽しんだり。
調子に乗りすぎてラフティング中ボートから落ちたりもしつつ(危ない!を身を以て体験・・)
描いたことを経験して、こういうことだったのか!と。
アクアレンジャーになるにはまだまだですが、ひとつスキルUPできたかなと思います!

『AQUA SOCIAL FES!』は全国の海や川、水辺で様々な活動をされていますので、
興味のある方はぜひ、参加してみてください。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+