チベット聖者の教え

『チベット聖者の教え』ザ・チョゼ・リンポチェ著(フォレスト出版)にてイラストを
描かせていただいております。

design:tobufune

チベットには他者のために祈るという教えがあるそうです。
憎んだり妬んだりしないことで自分の心が穏やかになる。
そうすることで他者を思いやる余裕ができ、
結果的に皆がハッピーになるということなのでしょう。
なんとも尊い教えでございます。

表紙に星を9つ描きました。
担当編集者さんがリンポチェさんに
星の数に意図はあるか、9という数字にはとても深い意味がある
と言われ、
偶然だと思います。と答えたところ
偶然はありません、すべて必然です。と

えええなにそれ!もうちょっと詳しく!
って感じなんですけども

チベットについていろいろと調べていたら
聖地ラサとカイラス山を目指し
標高3000mを越える地で2400kmもの道のりを
五体投地という祈り方で巡礼する村人を映した
「ラサへの歩き方」という映画を知ったのですが、
五体投地って太陽礼拝の簡易版みたいな動きをしていてですね、
世界の屋根の民の肺活量、体力、筋力はどうなっているのか!
その途方もない旅路をおもってくらくらしてきました。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+