田舎暮らしの本12

田舎暮らしの本12月号 温泉物件大公開!温泉歴史ページにてイラストを描かせていただいております
温泉評論家・石川理夫さん監修、飛鳥・奈良・平安時代の日本三古湯から平安貴族の温泉療養事情、東日本の温泉地にスポットが当たり温泉街のもとが形成された鎌倉・室町・戦国時代、大名から庶民までが湯治旅に出るようになった江戸時代、温泉掘削が盛んに行われ観光温泉地が発展した明治・大正・昭和時代の温泉について。歴史好きも温泉好きもぜひどうぞ。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+