84はちよんプロジェクト


この夏、知人の取材に無理矢理同行させて頂き、高知県へ再び行ってまいりました。
まず行った先は8月4日に行われた「84会議」。これは『84はちよんプロジェクト』
という、森林率84%という国内トップを誇る高知県が、その豊かな森林資源から森を、
人を元気にしよう!という主旨のプロジェクト。何となく高知県は海のイメージが
あったので、森林率が日本で1番というのは、意外や意外です。
『旭川木工コミュニティキャンプ』という、旭川木工に関わる方たちのプロジェクト
にも今年お邪魔しましたが、両プロジェクトともキーワードは木でありながら、感覚
的に伝わってくるものが全く違ったことは新鮮でした。
既にある産業を外からの資材でコトを進めるのか、内からコトを始めようとしているのか、
目的が大きく違うので当たり前なのですが、84プロジェクトの方たちの若さと団結力には
圧倒されました。
高知も旭川も、お互い木に強い。高知だから旭川だからではなく、いつかどこかで必要に
応じてお互いが協力し合えるような地域ごとの関係が出来れば面白そうです。
が、それでは本末転倒なのでしょうか。
写真は、高知の木でつくられたスプーンのほんの一部
(なんと1本1本違う木で作られています。その数369種類!しかも鉈でつくられたそうです……!)

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+