Coyote 一瞬の山 永遠の山

『Coyote no.65 一瞬の山 永遠の山』にてイラストを描かせていただいております

山野井泰史 アレックス・オノルド
横山勝丘 服部文祥 石川直樹

によるMOUNTAIN STORYS

イラストを描かせていただいたのは「クライマーが演じる7つのゲーム」。
登山哲学者リト・テハダ-フローレスさんが、クライミングを ボルダリング、クラッグ登攀ゲーム、連続ロッククライミングゲーム、ビッグウォールゲーム、アルプスの登攀ゲーム、スーパーアルパインゲーム、そして遠征ゲームの7種類に体系化した理論を説明するための1枚にて。


なんと見開き2ページ仕様!!!

さらにタブロイド紙風ポスターにも!!!

ボルダリングはたった1回の体験でギブアップ、金峰山の五丈岩も恐ろしすぎて早々にギブアップ、エルキャピタンを前に登りたいなんて思わなかったし、資料で借りた「岩と雪」の写真ですらヒュッっとなったので、私自身は岩や壁を登りに山へは行かないと思いますが

人はみんなが同じ生き方をしなくて良いと思います。
それぞれが好きな道へ進んで行って良いのです。
僕はいまでも次のクライミングのことを考えながら生活しています。
(山野井泰史 登る人より)

元気でた!
山に行こう!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+